Cheers!の日々

子連れ参加OKの広島のビッグバンド、Cheers!orchestraの活動状況

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
708@Cbです。

HotWaveが終わってちょっとのんびりしています。本番の録音を聴いたり、
会場のアンケートを読んだりしながら、次年度への妄想を膨らませています。

個人的な振り返りを少し。


Cheers!としては4度目の出演でしたが、奏者としては3度目でした。
2009年は力量が伴わずに裏方に徹し、2010年はEUBで2曲担当しました。
2011年はContrabassで2曲、そして今回はContrabassで4曲となり、
徐々に、徐々に、自分ができることを広げつつあります。
  *EUB・・・Electric Upright Bass

パンフレットの紹介文に「音符の読み方を学び始めたばかりの人から・・・」と
書きましたが、数年前の自分がまさにそれでした。「楽譜の読み方」ではなく、
「音符の読み方」なのです。音名も音価も、ましてやアーティキュレーションも
分からず、合奏をしても自分のパートをこなすことで精一杯、という状態でした。

それがいつの間にか音符を読めるようになり、少しずつ周囲の音を聴く余裕も
できるようになってきました。そうしてやっと楽譜の意味を考え始めたところです。
それを象っていくために、この1年は相手に要求すること、自分が要求されること、
その両方を言葉にしてコミュニケーションを図るように努めてみました。

今年の本番の録音を聴いて、まだまだ足りないところを見つけています。
来年に向けて着実な進歩を刻めるように、自分で努力しながら、メンバーにも
手伝ってもらいながら、レベルアップしていきたいものです。


さて、GWに入ってから『坂道のアポロン』を借りてきて読みました。
発売されたばかりのサントラも買いました。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007BRSMVO/

菅野よう子と渡辺等、
この2人は私がContrabassに興味を持つきっかけになった重要な人物です。

原作を読み進めていくと、このサントラの位置付けが何となく分かりますが、
このメンバーの演奏なら緊張感のあるライブの中で聴いてみたいと感じます。
七夕ソニックまでは望みませんが、コンボでやらないものかと期待してます。


ああ、早く自分も弾きたいです。
連休はみんなが帰省や旅行で、合わせる相手がいなくて不自由ですね。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。